Hello Pop!!

Read Article

享受東京Live House!!

盡情享受東京live house的熱情與音樂衝擊! 詳細地說明 請按這裡

台北開催Rest In Shoegaze参加のcruyff in the bedroom、broken little sister同行レポート

台北開催Rest In Shoegaze参加のcruyff in the bedroom、broken little sister同行レポート

先日、台北はTHE WALL・小地方展演空間(APA mini)で開催されたシューゲイザーイベントRest In Shoegazeにcruyff in the bedroom、broken little sister、DJとしてume-rockさんが日本より参加されました!自分もスタッフとして同行させていただきましたので、イベントを中心に滞在中訪れたライブハウス、レコード店等をご紹介します!

①THE WALL

2015-05-16 16.44.23

1日目の会場です。場所は「公館」というところにありますが、日本人アーティストも多く出演してるのでご存知の方も多いのではないでしょうか。日本からcruyff in the bedroom、broken little sister、ume-rockさん、台湾からDoodleが出演されました。

以下出演バンドの当日のライブ動画とume-rockさんの様子です。

cruyff in the bedroom

broken little sister

Doodle

DJ ume-rockさん(とスタッフで同行されたcattle肥沼さんの後ろ姿笑)
2015-05-16 20.38.48

シューゲイザーといっても三者三様それぞれに特徴があって、どのバンドも本当に良いライブでした。自分は物販のお手伝いをさせていただいたのですが、配置がフロアーの外だったため、転換中ume-rockさんのDJを楽しむことが出来なかったのが残念です。

今回台湾(海外)で日本のバンドのライブを観て感じたことは、ただ単純に楽しむだけでなく、さながらW杯予選を観戦するサポーターのような心境になってしまうということでした笑。日本の両バンドはキャリアもあって一切心配はしてなかったですが、数多くの台湾のお客さんを前に大きなトラブルなく良いライブパフォーマンスをみさせていただいた後は、安堵感だったりちょっと誇らしげな気持ち(自分は何もしてないのですが(^^;;)もありました。

出演者の方にTHE WALLについての感想等伺ったところ、日本のライブハウスと特に違和感はなかったようです。ほぼ「日本で初めてライブをすることになったライブハウス」という感覚で演奏出来たようです。実際にリハ等現地スタッフとのやりとりは簡単な英語やジェスチャーで問題なく行われていました。残念ながら自分の出る幕なかったです笑。THE WALLは日本で例えるとちょうどCLUB QUATTROのようなライブハウスかと思われます。

cruyff in the bedroom Vo.Gユウスケさん、broken little sister Ba.タケシさんにはイベントに向け事前インタビューをさせていただきました。よろしければこちらもお読み下さい

今回自分は、Hello Pop!!を通じて交流させていただいてる台湾の方々や、いつもめちゃくちゃお世話になってる「No Band No Life」という台湾で日本のバンドを紹介する活動をしてるみんなにも会えて、本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました。

ちなみに公館には「陳三鼎」という美味しいタピオカミルクティーのお店や「台一牛奶大王」という有名なスイーツ店があるんですが、今回は時間的にタイミング合わず行けませんでした。THE WALLでライブを観ようと考えてる方は是非これらのお店も合わせて立ち寄ってみて下さい。

  ACCESS

 

②小地方展演空間(APA mini)

2015-05-17 17.54.07

2日目の会場です。今年オープンしたばかりで、観光地としても有名な「中正紀念堂」の近くにあります。日本からはbroken little sisterのみ参加されました。

以下台湾の出演バンドをご紹介します。

Slack Tide

GLUE
2015-05-17 20.07.00

午夜乒乓 Midnight PingPong

ここのライブハウスの一番の特徴は何と言ってもステージの後ろにバーカウンターがあることです!しかもステージに仕切りの壁とかないんです。おかげでステージ裏からスタッフしか撮れないような角度の写真(上記GLUEの画像はステージ左後ろから撮りました!)がたくさん撮れました笑。あと楽屋がとても広かったです。
2015-05-17 18.21.29

この日がイベント最終日のため終演後は今回の企画者shoegazemania”瞪魔”くんが号泣してました。いろいろご苦労があったと思います。本当にお疲れさまでした!shoegazemania”瞪魔”くんのシューゲ愛に溢れたメールインタビューはこちら

スタッフとして同行したcattleの肥沼さんは、以前からGLUEの音源を持っていたそうですが、改めて日本に呼びたいと言ってました。自分は午夜乒乓のTシャツを買ったのですがけっこう好評です笑。この日は台湾の自分の友達にも物販を手伝ってもらったんですが、初めてライブハウスに来てライブを観たようで、すっかりbroken little sisterの大ファンになってました!やっぱり実際に観ると、より直接良さが伝わるのかなと思います。自分も2日連続でbroken little sisterを堪能出来てスタッフ冥利につきました。

ACCESS

 

③台北月見ル君想フ

2015-05-18 11.00.55

青山にあるライブハウス月見ル君想フの台北店です。こちらも去年12月にオープンしたばかりです。2泊3日の行程で二日間Rest In Shoegaze参加のため、ライブを楽しむことは出来なかったのですが、最終日に台湾の友人とランチを食べに伺いました。青山月見ル君想フ、浪漫的工作室代表の寺尾ブッタさん、ちょうど台北にお越しだった青山店ブッキング担当の桜木さんにお話を伺い、地下のライブスペースも見学させていただきました!お忙しいところ本当にありがとうございました!
2015-05-18 13.15.32

台湾、日本で活動されてる寺尾さん、桜木さんのお話はやっぱりもの凄く面白く、とても興味深いものでした。台北店では週末を中心に、主にアコースティックメインのライブを現在は行っているとの事です。ライブに限らずギャラリーや上映会等にも対応可能なイベントスペースのようで、次回は是非ライブイベントに来てみたいと思いました。ライブに行かれた方は誰もが思わず写真を撮りたくなる電球がありますので是非みつけて撮ってきて下さい笑。
2015-05-18 12.17.24

ランチメニューも、長期滞在で日本の味を懐かしむ方向け、短期旅行者で台湾を味わいたい方向けとありますので、どなたでも利用いただけると思います。台北在住の方はライブハウスという認識以外に、ご飯やお茶、お酒を飲みに行く場所として、気軽に利用出来るかと思います!

台北月見ル君想フ公式サイト
Facebookページ

ちなみに台北店スタッフの黄柔伊さんもNo Band No Lifeの活動をされてる一人ですが、「CyanHills青丘工作室」というライブイベントを企画する学生主体の団体(サークル)にも所属してるそうです。なんでも一般的な台湾の学生はあまりライブハウスに足を運ぶという事が少ないそうで、学生がいつも利用する教室をライブハウスにしてしまおう!もっと身近にライブの楽しさを感じてもらおうと「教室PLAY」というイベントを企画してるそうです。是非今後も活動頑張って下さい、Hello Pop!!とも一緒に何かしましょう!という話はその時はしてなかったのですが(後日改めてお伝えしました笑)、そういう気持ちで応援したいです!

CyanHills青丘工作室Facebookページ
教室PLAYFacebookページ

2015-05-18 13.16.26

ACCESS

 

④河岸留言

2015-05-17 10.06.40
ホテルから地下鉄西門町駅へ向かう度に目の前を通ってたのですが、今回は残念ながら行けるタイミングがなかったです。公館にも同じ店舗があるそうですが、こちらのが規模が大きいそうです。ちなみに直近ではサニーデイ・サービスがライブをしましたね。

ACCESS

⑤小白兔唱片 White Wabbit Records

2015-05-17 15.37.41

台湾師範大学の近くにあり、国内外のインディーズ音楽を取り扱うお店でレーベル業も行っているようです。今回Hello Pop!!のフライヤーを置いていただくべく訪れました。店頭には「レコード好きな理由なんて必要ない」と大きく書かれています。同行していただいたcattleの肥沼さん曰く、世界各地のインディーズ音楽を取り扱ってるこういったお店は東京でも少なくなってきてるとの事。台北のインディーズ音楽ファンにとって貴重な場所ですね。そしてフライヤー快く置いていただきありがとうございます。また行く先々でRest In Shoegazeのフライヤーが置いてあり、主催のshoegazemania”瞪魔”くん、本当に頑張ってたんだなぁと感心してました。

2015-05-17 15.43.54

ACCESS

⑥61NOTE

2015-05-17 14.49.29

中山駅近くにあるカフェ、雑貨、ギャラリーを営むお店です。関西のバンドCARDのジャケット等を手掛けるイラストレーター椎木彩子さんが去年個展を開催した場所でもあります。今回椎木さんの作品集をオーナーの東さんにお届けするという任務をはたしてきました。合わせてHello Pop!!のフライヤーも置かせていただきました(^^;;

東さんとご挨拶程度でゆっくりお話する時間がなかったのですが、61NOTEについてはこちらの箱庭さんの記事で詳しく紹介されているので是非読んでみてください。
台北の中心にこっそり佇む、日本人オーナーの小さな雑貨屋さん「61NOTE」

CARDの楽曲はこちら

ACCESS

普通に台湾を満喫して、イベント自体もとても楽しかったうえに、スタッフという立場でしか得られない経験も味わい、ちゃっかりHello Pop!!のアピールもさせていただくという(^^;;、本当に自分にとってプラスにしかなっていない台北ツアーでした。個別にお名前を挙げるとキリがないですが、今回この機会を与えてくださった日本、台湾のバンド、イベント主催のみなさまや、また現地で交流させていただいた台湾の音楽好きのみなさま含め台北ツアーに関わった全ての方々に心より感謝致します!

最後に、Rest In Shoegazeを企画していた一人、陳家偉さんが先日海での事故によりなくなりました。自分の心境は既にFBページの投稿で記していますが、改めてこころよりご冥福をお祈り致します。

This post is also available in:別的語言:別の言語: 繁体中国語, 簡体中国語

Return Top