Hello Pop!!

Read Article

享受東京Live House!!

盡情享受東京live house的熱情與音樂衝擊! 詳細地說明 請按這裡

バンドもお客さんも楽しい空間に ライブハウス 新宿WildSideTokyo 高長店長

バンドもお客さんも楽しい空間に ライブハウス 新宿WildSideTokyo 高長店長

観たいバンドがあって何の気なしに行ったライブハウスがいい箱だった。なんか偶然いいバンドを見つけた時と同じくらい嬉しくなります()。最近そんな経験をさせてもらった新宿WildSideTokyo。早速お話聞かせてもらえればと高長店長を訪ねました!

 

ーー9月末に台湾のバンド『既視感』の来日ライブを観に初めてこちらに伺ったんですが、海外のバンドがライブすることは多いですか?

高長店長:スケジュール面だったり、条件面で折り合いがつけばこちらは全然OKですので、出てもらってますね。ちょっと大きなバンドの場合は、うちをよく使っていただいてるプロモーターの方を通してってこともあります。『既視感』の場合は知り合いの方が間に入ってました。でも今は大体バンドから直接メールが来ることが多いですよ。僕らも何でうちに連絡してきたんだろうって思うこともあります()

 

ーーこちらのライブハウスでは主にどういうバンドが出演されてますか?

高長店長:はたから見るとうちはハードロック、ヘヴィメタルのイメージが強いようで、実際にメタル系のバンドも出ていますね。ただそれは他でそういうイベントが少ないだけであって、自分としては来るもの拒まず、オールジャンル幅広くやっているつもりです。それこそヘヴィメタルの次の日はアコースティックやポップスのイベントしたりという事ももちろんあります。

 

ーーなるほど。外国人のお客さんが来ることもありますか?

高長店長:よく旅行客の方がふらっと訪れてくれたりします。

 

ーーそれはどういうイベントに来られる事が多いですか?

高長店長:やっぱりロック系のイベントですね。自分も聞いた話ですが、アメリカとかは飲み屋の延長線でライブを観るそうなので、お酒の進む音楽、ロック系でもハードコアとかヘヴィメタルとか、ちょっとハードなイベントにはよく来られますね。みんなでお酒飲んでワァーと騒いでみたいな感じで。

 

非日常的な空間を存分に楽しんでもらいたいです。

ーー僕がお客さんとしてこちらに来た時、まず印象に残ったのはチケット代やドリンクが安いという事でした。自分はお酒飲めなくていつもソフトドリンク頼むのですが、最初のドリンクチケット500円でソフトドリンクだと2杯飲めるというのがちょっとびっくりしました。

高長店長:実は僕もこう見えてお酒飲めないんですよ()。それでライブハウス行ってお茶とか飲むんですが、単純にお客さん目線でソフトドリンク5600円はちょっと高いなと思ってたんです。なのでうちでは最初のドリンクチケット500円はいただきますが、せめて2杯飲んでいただけるようにしようと思ってそうしました。

 

ーーお酒に関しても2杯目以降の値段は抑えてますよね。

高長店長:さっきも言いましたが自分はお酒飲めないですが、居酒屋行くとビール1199円とか見るので、それだけ安く出来るんならやれるんじゃないかって。お酒好きなお客さんからすれば飲めば飲むほど楽しくなるだろうし、ライブハウスって非日常的な空間だと思うで、存分に楽しんでもらいたいというのが元々の目的なんです。なのでより気軽に飲んでいただけるような値段に設定してます。500円なら1杯にしてたけど350円なら2杯飲もうかなと思ってもらえれば。

ライブハウス入り口の様子。ここから地下へ。中の様子は実際に行って確かめて下さい!いい雰囲気ですよ(^^)

 

ーーどういう経緯でライブハウスを始められたのですか?

高長店長:うちが出来て5年半なんですけど、元々ここはHEAD POWERと言う40年間続いていたライブハウスだったんです。今も内装とかはその時からそのまま居抜きで使ってます。当時自分は音響やってまして、外注という形で月何回かHEAD POWERに出入りしてました。その時もうすぐここを閉めるという話を聞いて。天井も高いし、壁のレンガ造りとかいい空間なので、もったいないなと思ってたんです。自分は若い時からライブハウスをやりたいという夢がずっとあって、やるには何が必要かも把握して頭の中では準備出来てました。また以前仕事でライブハウスの立ち上げにも参加したことあったので、一度ビルのオーナーに同じような業種が入ってもいいか聞きに行ったんです。そしたらやるのは問題ないから、内装もそのままにしておくし自分たちでやっていいよって言って下さって。

 

お客さん、バンドともに楽しんでもらえる空間でありたい。まだまだやりたいことはいっぱいあります。

ーーどこかお手本にしてるライブハウスとかはありますか?

高長店長:使ってる機材やシステムなんかは情報もたくさんあるし、特にお手本必要ないじゃないですか。やっぱり人がやってることなので、お客さんが来て楽しんでもらえる、バンドが出て楽しんでもらえる、そういう空間でありたいんですね。その点でお手本というか参考にしてるのは四谷のアウトブレイクですね。店長とは時々会ったり今も仲良くさせてもらってますが、あそこは本当に音楽好きな人が集まってくる場所なので、どういう風にしてるのか参考にしてます。四谷は言ってみればビジネス街で、楽器店やCDショップもなく普段楽器持ってる人も見かけないような街で、決して音楽が盛んな場所ではないんです。そんな所でそこに行きたいって人が集まる場所になってるのはそこにいる人間の力なんだなと思います。街並みがどうであれ入り口を入れば絶対に楽しいっていうのがわかってて、みんな集まってきてるんですよね。アウトブレイクの店長とは一緒にバンドもやらせてもらってますしね。本当にゆるーくですが、楽しいです()

 

ーーなるほど、つまりWildSideTokyoも多くの人にとってそういう空間となるようにってことでしょうか。

高長店長:そうですね、例えばあるバンドが月に34回都内それぞれ別の会場でライブって時に、お客さんからうちを選んでもらえるような。またバンドにとってもうちだとお客さん呼びやすいと思ってもらえるような所になればいいなって。その点からも先ほど話したチケット代やドリンクの値段抑えたり、またお金だけでなく、あそこ行けば楽しい、スタッフさんと話すのも面白いって思ってもらえれば。そのためにもまだまだこうしたいって事はたくさんあります。

 

ーーさっきスタッフの方と少し話したんですがバンドされてる方多いんですね。

高長店長:そうですね。ここに出演してたり、よく遊びに来たりして、こういう仕事してみたいとかってことで始めたりとかもありますね。今日入ってるスタッフなんかはみんなそういうつながりですね。

店長、スタッフ皆さん気さくで楽しくお話聞かせてもらいました!

 

ーーこちらに出演されてるバンドで、特に今後に期待のバンドっていますか?

高長店長どのバンドも目標を持って本気でやっていれば、かっこいいですし期待はしています。あくまで僕個人的な意見になってしまうのですが、期待の若手で言いますとMysterious Priestessですね。まだ大学卒業したばかりの若いバンドなんですけど、去年の夏に世界最大規模のドイツのフェス(WACKEN OPEN AIR)に日本代表として出たバンドなんです。そんなフェスに出るくらいですから実力はあるんですけど、いかんせんまだ若いからうまくその実績を使いきれてないんですね。そのバンドは僕も期待して今目をかけていて、新曲出来たらレコーディングして音源だしていこうとか、いろいろ一緒に相談しながら、一年先二年先の話を進めてますね。


Mysterious Priestess “Seven Moons”

 

ーー最後に店長から一言いただけますか?年末に向けておすすめのイベントとかでもいいですし。

高長店長:そうですね、年末に限らずおすすめのイベントはたくさんあります。これも個人的なおすすめになってしまうのですが、毎年恒例の、12月最終日曜日にメタル系のバンド10バンド以上、若いバンドから1020年やってるベテランまで集めてYEAR AND METAL FEVERというイベントやってます。去年一昨年とおかげさまでたくさんのお客さんに来ていただきまして、今はそこに出るのが目標だと言ってくれるバンドもいたりして、少しずつですが定着してきたなという実感も感じてます。Mysterious Priestessも今年は出演が決定してまして、このイベントはいちおしですね。

先ほども言ったように、そのほかにも面白いイベント目白押しで、常に楽しい空間であるようにしてますし、チケット代やドリンクも安く設定してますので是非一度気軽に遊びに来ていただければと思います!

また、系列店のMERRY-GO-ROUND(キャパ50人のライブハウス)SOUND STUDIO CRUE(リハーサルスタジオ)も、利用者やお客様の立場に立って色々やっておりますので、そちらも宜しくお願い致します

 

高長店長自身バンドされてて本人曰く何でもやりたがりとの事。そういった好奇心旺盛な姿勢がライブハウスの雰囲気にも反映されているのかも知れません。とにかくいろんなイベントありますので、好きなバンド、ジャンルの際にでもまずは一度足を運んで、是非楽しんできていただきたいです!ちなみに高長店長とは音楽(バンド)にのめり込む流れがBOØWYからMötley Crüe、Guns N’ Roses、SKID ROWと自分と全く同じでした!もしかしたらそういう部分も気さくにお話させていただけた要因だったかも知れません()

 

ACCESS

新宿WildSideTokyo Official site

MERRY-GO-ROUND Official site

SOUND STUDIO CRUE Official site

 

This post is also available in:別的語言:別の言語: 繁体中国語, 簡体中国語, 韓国語

Return Top