Hello Pop!!

Read Article

享受東京Live House!!

盡情享受東京live house的熱情與音樂衝擊! 詳細地說明 請按這裡

祝20周年!そして今後もインディーズシーンを引っ張っていくであろうKOGA Records 古閑社長

祝20周年!そして今後もインディーズシーンを引っ張っていくであろうKOGA Records 古閑社長

20周年を迎えたKOGA Records、古閑社長率いるROCKET Kが高円寺HIGHにてライブを行うとの事で、リハーサル後にお話伺いました!

 

――まずは20周年おめでとうございます!

社長:ありがとうございます(笑)。

 

――20年振り返ってみてどうですか?

社長:音的には自分の好きな事しか基本やっていないので、そういう意味では時代に流されずやってきたって言えるけど、でもある程度は時代の音とかも取り入れつつ、良い意味でいい加減な形でやってたんで長続きしたんじゃないかなと。超マジメに『うちのレーベルはポップパンク・パワーポップしかやらねえ』とかだったら続いてなかったと思いますね。自分にとってのルーツミュージックはもちろんあるんですが、シーンに対する挑戦として時代時代に呼応した、今のシーンにどう切り込んでいけるかっていう考えは本能的にあったのかもしれませんね。

 

――なるほど、いろいろと考えながらされてるんですね。

社長:基本は商売をメインでやってるつもりはないんです。とカッコいい事言いながら音が売れないとレーベル続けられないので、相反するところなんですけどね。でもやっぱり商売というよりはバンドを有名にしたい、僕が好きな音楽をみんなに聴いてもらいたい、そういう欲求を優先させてきました。僕がプロデューサーやってなんぼの個人レーベルなんですが、今では下北沢はじめある程度長く音楽に携わっている全国の方々、メジャー、インディーズ、スタッフ、アーティスト問わず、一応僕がどんだけ酒癖悪いか知っていただけているようになったので、それは長く続けてきて良かったと思えることですね(笑)。さすがに20年やってきて何につけ誰も知らなかったらオレは何のためにココにいるんだって感じだよね(笑)。

 

――そもそもレーベルを立ち上げようとしたきっかけは何ですか?

社長:単純に憧れですね。それこそ私が多感期当時、海外のインディレーベル、イギリスだったらCreation Records、4AD、アメリカだったらSub Popとか時代を代表するようなレーベルに憧れて僕もやってみたいなって思っただけです。

 

所属アーティストへの説得力も含めたバンド活動

 

――バンドの方も現在VENUS PETER、ROCKET Kと活動されてますが、レーベル運営との両立についてはどのようにお考えですか?

社長:あんまり両立とか考えずにやりたい時にやってるだけって感じですね。ぶっちゃけバンドやって食ってるわけじゃないので(笑)。ただうちのアーティストへの説得力も含め、レーベルもしくは制作者側がバンドもやっているっていうのは、ある意味アーティストに一目置かれ、同じ立場にいて物事を考えてもいるので、出来るだけバンドも続け現役感を感じたいですね。やっぱりアーティストはエゴが命の方も多いので、音楽面で何も出来ない人間を信用しないですからね。ウチは金だけ出してりゃいいんだってスタンスのレーベルではないので。ちゃんと曲作ってバンドもやれてる古閑さんのもとでやりたいって思えるアーティストとだけつき合っていきたいし。まぁオレもここまで(バンド活動)やってんだからお前らもこんくらい出来るだろって話ですよ。今はそんなこと言えるような活動全く出来てはいないんですけどね(笑)。



↑VENUS PETER『Nowhere EP ダイジェスト試聴』ROCKET K 『MUSIC LIFE』

 

――KOGA Recordsはホントに良いバンドの音源ばかりリリースされてますが、どうやって探してるんですか?

社長:やっぱり音楽をたくさん聴くことだと思います、興味ない音楽も含めて。例え好きじゃなくても今流行ってるなら好奇心もっていろいろ聴いてみる。そして全部聴いて、それこそクソまで聴いてみたらより自分にとって良いものが見えてくるっていう(笑)。だからそんな音楽に対して愛が生まれる!興味ない音楽聴かないではなく、それも含めて全部聴いて、そして今の音楽シーン全体を見たうえでその中で僕がどういう音楽を出すのがかっこいいのかっていう、ちょっとした分析も本能的にずる賢くやってるかもしれません(笑)。

↑今年KOGAよりリリースする期待の新人バンドBentham

 

――KOGA Recordsには海外でツアーをしたり認知度のあるバンドもいますが、海外に向けたアプローチとか何かされてるんですか?

社長:特に戦略はないんだけど、自分が基本的には洋楽が好きで外国のバンド、もしくは海外のレーベルに憧れて作ったのでそういう方々にも共感されたいとは思ってやってますね。

↑最近発売された海外でも人気のMIX MARKETとSpecialThanksのスプリットのTrailer Movie

 

――では海外のレーベルで参考にしてる部分とかはありますか?

社長:やっぱりアメリカは自由。逆に言うと自由過ぎてなんでもアリになってCDが売れなくなったのかもしれないけど。だからこそどうやってCDを売るか、どういう形で音楽を生き残らさせるか色々学べるのは向こうのやり方だと思いますね。例えば今でこそ日本でも当たり前になってるけど、通販でTシャツセットとかおまけを付けてそっちのが安く買えるとか。そういったCDの売り方は海外が先だし、日本ではいろんな制約があっておまけとか安売りはなかなか出来ないですし。アメリカは価格も自由に安くしたり、初回にTシャツやアナログとかいろんなものをリーズナブル(ココ大事)にくっつけつつ、レアアイテムいっぱい揃えてファン心理つついて自分もその罠にはまってるんで(笑)、そういう部分はいつも参考にしてますね。

 

今注目のバンドはKEYTALK!

 

――特に海外の方へおすすめのバンドってありますか?ROCKET KやVENUS PETERですか?(笑)

社長:ははっ、どうなんだろ?  まぁVENUS PETERなんかかっこいい音だしね。自分で言うのもなんだけど(笑)。今だったら日本では人気が出てきつつある新人で、KEYTALKとか海外、特にアジアでやったらどういう反応なんだろうなとは思いますね。

 

――KEYTALKは以前台湾でもライブしたことあるそうですね。

社長:そうなんです。その時もけっこう良い反応だったのでまた行きたいなとは思ってるんですけどね。ただ、今はメジャーに行っちゃってメジャーの制約があって行けてない状況ですね。

――メジャーデビュー後もKOGAでマネジメントされてるんですか?

社長:そうなんですよ、さっき20年間好きなことしかしてこなかったって言ったけど、今はうちも事務所としてメジャーのアーティストを抱えてたりしてますからね。ある意味本当にインディーズは自由なんですよ。この何やってもいいってスタンスはやっぱりいいですね。今までも『それやっちゃダメでしょ古閑さん!』って事も怖いもの知らずで僕は普通にやってましたからね(笑)。

 

――そんなKOGA、古閑さんと言えばやっぱり下北沢をイメージします。下北沢の魅力、おすすめって何ですか?

社長:う~ん…大したものはないかなぁ(笑)。あっ、古着屋さんが多い。あとライブハウスもいっぱいあるけど横のつながりもあって仲がイイ(ように見える)。海外で知名度のあるバンド、例えばBORIS、MELT-BANANA、FIRESTARTERとかマジで世界的に認知度あるカッコいいバンドも普通に下北沢でライブやったりしてるので、そういう点では国際的な音楽の街として楽しめると思います。

 

音楽のプライオリティを上げたい

 

――前回のKOGAレーベル20周年記念ライブの際には、今後もずっと続けていくと宣言されてました。

社長:もうそれしかないもん、ここまで来たら。今さらコンビニの店長とかオレ出来ないし(笑)。

 

――では最後にKOGAの今後のプラン等ありましたら教えていただきたいのですが。

社長:特にはないですね。今までと同じく好きなものを出し続けるだけです。その中で二極化じゃないけど、インディーズでやりたい事を突き詰めるようなバンドもリリースしたいですし、逆に有名になりたい、どんどんのし上がっていきたいと、良い言い方か悪い言い方かわからないけど野望を持ったアーティストも育てていきたいなと思いますね。以前と違って今音楽ってプライオリティが低くなってきてるじゃないですか。CD、若者誰も買わなくなったし、お笑いの方がカルチャーとして身近だし、映画は総合芸術で全て入ってるし。その中でやっぱり音楽が自分にとってメイン、人生の大半だし、音楽のプライオリティをもっともっと上げられるような活動を是非したいと思いますね。

 

今回改めて音楽やレーベルの事についてお話を伺い、やはり20年続けて来られただけあってしっかりした考えをお持ちだなと思いました。これからも出来るだけ多くの良いバンド、良い作品を僕たちに届けてほしいです!

 

KOGA Records Official web site

This post is also available in:別的語言:別の言語: 繁体中国語, 簡体中国語

Return Top